婚活のコストをケチらない

私も5年くらいの長期に渡って婚活をしていました。その経験からいうと、婚活というのは結構コストがかかります。逆に言えばコストのかからない婚活やどう考えても安い婚活は人は集まるかもしれませんが成果的にはコストのかかる婚活よりもなかなか上がらないと考えます。

コストのかかる婚活はやはりそこに参加している人が真剣度が高いということが挙げられるのもありますし、本人以外のスタッフも仕事としてやっている場合があるので成果と上げなければならないということもあります。

なかなか婚活の成果が上がらないという向きには一度コストをかけない婚活ばかりをやっていないかを考えたほうがいいかもしれません。もしもコストがかからない方法でやっているならやはり一度婚活に対するコストをケチらないような婚活を試してみたほうがよいのではないでしょうか。

仕事帰りに積極的に!

毎日会社と家の往復だけでは新しい出会いはありません。道で運命の人とすれ違うなどということはドラマの中だけです。婚活の前に、人と出会うことが第一歩でしょう。

この出会いは異性に限定する必要はありません。例えば、結婚できない適齢期の息子さんをお持ちのお母さんと知り合うことでも、女性にとっては大きなチャンスになります。最近は仲人や近所の世話焼きのおばさん的な人が減ってきたため、出会いの場が激減しているのかもしれません。

人との縁はどこで結ばれているか分からないので、積極的に表に出ましょう。何か興味のあるカルチャースクールに通うのも一つの方法です。出来れば男女比が半々の習い事が良いでしょうが、そうでなくても上記のように女性との縁から異性との出会いに繋がることもあると思います。

英会話スクールやパソコン教室などは比較的男女比が半々ですし、「分からないことを質問する」というコミュニケーションを取ることができます。初対面の人にいきなり話しかけるのは難しいですし、話しかけられれば警戒しますが、共通の趣味や目的を持っている人でしたら安心感もあります。スクールの内容を話すことから始め、段々と距離を詰めてゆけばよいでしょう。

ただ、最初から出会いを目的にしている結婚相談所などとは違いますから、相手に恋人がいる可能性もありますし、既婚者である可能性もあります。いい雰囲気になったからといって、独り合点して暴走しないように注意しましょう。